顔にできたシミを消す方法とは

顔のシミができるのは、年齢を重ねたことや、強い紫外線を浴びたことなどによります。

皮膚科などに行けば、医療行為で消すことができますが、まずは自宅でできるセルフケアで改善できるか試みてみましょう。

顔にできたシミの解消には、病院に行って治療してもらうことも可能ですが、家庭でのスキンケアでもある程度のシミ対策ができます。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑える効果がある成分ですが、これを配合したスキンケア用品が今では販売されています。

くっきりとした目立つシミは皮膚科に行くしかないかもしれませんか、症状によってはシミ解消にセルフケアで十分です。

シミ対策にはビタミンCが効果が高いといいますが、ビタミンC以上の美白成分として、ハイドロキノンは注目が集まっています。

ただし、刺激に弱い肌は、ハイドロキノンの入っている化粧品を用いると、肌が赤くなってしまう場合があります。

はじめて使用する場合や肌が弱い人は、ハイドロキノンの濃度が5%未満の商品を選び、使用する前にパッチテストを行うようにしましょう。

美白効果を高めるには、体の内部からも肌にいいものや、美白にいいものを摂取することです。

活性酸素が増加すると、老化現象が進み、シミやそばかすが増えやすくなってしまうことがあります。

活性酸素を増やさないためには、抗酸化成分を含む食事をすることです。

レバーやナッツ、柑橘類、緑茶の多いものを取り入れることで、活性酸素を減らし、お肌の老化を予防できます。

できてしまったシミを消すのは大変ですので、紫外線予防や、スキンケアなど、シミができる前からお肌のお手入れをすることもポイントといえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。