クレジットカードが作れない理由~実際の体験から考えてみる~

クレジットカードは今や生活にとって欠かせない存在で、1枚だけでなく
何枚も持っている人は多いと思う。

 

しかし、何枚もクレジットカードを作っているとよくないことが起きてくる。
クレジットカードの限度額をいっぱい使いきり、さらに新しいクレジットカード
を作ったりすると、信用情報を記録されていって新規にクレジットカードを作れなく
なってくる。

 

わたしなんかは、カードを次々と作りすぎてショッピング枠、キャッシング枠を
ぎりぎりまで使い切り、あるカード会社から債務を残しながらカード機能を停止
されてしまったことがある。

 

そんな状況では当然、新規にクレジットカードを作ることは難しく、カード審査
の甘いところを探して、さらにショッピング枠やキャッシング枠の限度額を最低
レベルにして審査に通したことがあった。

 

単にクレジットカードのショッピング枠だけ付けてカード審査を通したいなら、
はじめからキャッシング枠は放棄することが肝心である。
限度額を多めに設定したりすると審査の対象外になってしまう。

 

大体、クレジットカードが作れない理由としては、ブラックの人(破産宣告
を受けた人)は別として、クレジットカードの限度額がいっぱいの人や
収入の少ない人又は無職の人、クレジットカードを短期間に多く申し込んだり、
過去に奨学金やカード支払いで返済が遅れた人があげられる。

 

クレジットカードを支払い期限を守り、安定した仕事をしている人は特に
問題なくあっさり審査には通ってしまうが、多額の借金を抱えている人は
審査の甘いクレジットカード会社を探すしかない。

 

比較的審査に通りやすい定番がこれですね↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ