電車で下痢になった時の対処法

電車やバスで下痢になって便意を感じることが時々ある。

そんなときは途中下車して駅のトイレに駆け込むというのが
普通考えられますが、仕事で朝の通勤時間帯で起きてしまった
ときは、遅刻もできないのでゆっくり途中下車している暇が
ない時が多い。

 

ではそんなときどう対処すればいいのか?
我慢するにも限界がある。日頃なら体調に気をつけておくというのが
最善ですが、どうしても人間いつかは体調の悪い日がやってくる。

 

我慢できないときは遅刻覚悟で途中下車するしかないですが、
ここからが大変です。
朝の駅のトイレは大体混んでいて、列をなしています。

 

途中下車まではいいものの肝心のトイレに行けません。
非常につらい状況です。私も何度経験したかわかりません。
そんな時は、身障者トイレを必ずチェックします。

 

一般のトイレで列をなしていても身障者トイレは意外と
空いている場合が多いのです。みんな遠慮しているのでしょう。
電車の優先席に座らないのと同じような感覚だと思います。

 

私はこの方法で何度救われたかわかりません。
ただ身障者トイレでも朝のラッシュ時には使用していることが多いです。
でも、まずはここを最初に目指すべきです。

 

以上はやむを得ず途中下車する方法ですが、下車しないで我慢は
できるでしょうか?かなりの根性を必要とします。
物理的に無理な場合があります。そんなときは、薬を常備してすぐ
飲めるようにしておくことです。

 

正露丸が下痢の薬として有名ですが、電車などでは臭いが気になると
思います。
わたしの場合は、ストッパを常備しています。トローチのような感覚で
薬を飲んでいるという感じがなく周りの目も気になりません。

少し胃に不快感は残りますが、かなり効果的なので試してみては。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ